ブログ版

Feb 13, 2006

この記事は「2006年02月13日」に公開された内容です。 記事で紹介している現地の状況やサービスなどは変更になっている場合があります。

Mokuaikaua Church

カイルアコナのアリイドライブ沿いにはショップやレストランが立ち並んでいるので、海からの風を感じながら、散歩するにはもってこいの場所です。そんな中にひときわ目を引く建物が、このモクアイカウア教会

敷地の外壁には、溶岩を積み重ねており、これだけでも存在感抜群。建物自体にも溶岩が使われており、珊瑚を使ってつなぎ合わせてある。まさにハワイの自然があったからこその建築物になっています。また"Church of the Chimes"と呼ばれているのは印象的な白い塔にある鐘によるもの。

建物内部にはハワイ原産のコア材がふんだんに使用されており、ハワイらしさが演出されています。この風通しのよい建物では、結婚式もできるそうです。

歴史的にもこの教会は古く、キリスト教の教会としてはハワイ最古。元々、1820年に建てられ、現在ある形になったのが1838年。ハワイへ上陸した宣教師にこの土地が与えられ、建設が始まったそうです。

入場は無料で、開放されている時間は朝7:30〜夕方5:30まで。


» ページトップへ戻る