コナコーストの写真解説

Aug 20, 2006

この記事は「2006年08月20日」に公開された内容です。 記事で紹介している現地の状況やサービスなどは変更になっている場合があります。

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園

今回の写真は、コナコーストの南のほう、ホナウナウの海岸線にあるプウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園です。

カイルアコナからだとハイウェイ11をずっと飛ばして、さらに山を海まで下ったところにあるので、レンタカーがないとちょっと行きにくい場所。

ハワイ島には国(NPS)が管理している公園が3つあって、ここはそのうちの一つです。1961年に国立公園として整備され、現在は有料で開放されています。車で入るときは、駐車場の入り口でチケットを買うパターンです。

大人$5でチケットは1週間有効。とは言っても、1時間もかからずに1周できてしまうところなので、さらに奥のトレイルを歩くとかでなければ、何日も必要ではないのですが。

写真の場所は、入り口から少し歩いていったところにある入り江。かつては王族のカヌー乗り場だった場所で、ビーチのようになっています。当時のものを再現した船が置いてあるのですが、かなり小さくて、こんなのに王族が乗っていたの???って感じです。

Pu`uhonua O Honaunau National Historical Park (National Park Service)


» ページトップへ戻る