火山

ハワイ島の火山を写真で紹介。

ERUPTION: April 30/May 1, 1982

Category: Volcano; Area: ; #79; Updated: Nov 16, 2005

ERUPTION: April 30/May 1, 1982

光の加減でとっても読みにくい。 タイトルの "eruption" =「噴火」なので、そのまま1982年4月30日、5月1日の噴火地点ということでいいのかな。 公園内にはこういった解説がいくつもありますが、日本語表記はなくひたすら英語。 火山関係の聞き慣れないマニアック(?)な単語もあって、なかなか理解しづらいものがあります。 知識も楽しみたいと思ったらガイドブックは必携です。
[ブログ版:1982年の噴火]

1982 LAVA FLOW

Category: Volcano; Area: ; #77; Updated: Nov 10, 2005

1982 LAVA FLOW

Halemaumau Overlook の駐車場から半時計回りに少し進むと、キラウエア・カルデラ周辺では一番あたらしい溶岩帯を通ります。 lave =「溶岩」で flow =「流れ」なので、1982年9月の噴火で流れ出た溶岩が固まっている場所です。新しいためか、溶岩の色が限りなく黒のが印象的。 比べてみると分かるんですが、1920年代のものなどは灰色っぽい色をしています。 そんな風に見ていれば、自然といつの時代の溶岩が分かってくるかも。
[ブログ版:1982 Lava Flow]

HALEMA‘UMA‘U CRATER

Category: Volcano; Area: ; #75; Updated: Nov 08, 2005

HALEMA‘UMA‘U CRATER

Crater Rim Drive をどんどん進んで、キラウエア・カルデラの南側まで来ると、広い駐車場があります。 半端なく広い駐車スペースなので、ここは素通りはしないはず。車を降りるとすぐに硫黄の臭い! 周辺では何カ所も穴から白い煙が出ていて「心臓の弱い方、妊娠中の方、幼児は危険」と看板も立っている。 この写真は駐車場から数分歩いたところにある "Halemaumau Overlook" で、柵のある見晴し台になってます。 天気がいいとこんな感じでマウナロアも背景に。このクレーター、今では涸れてますが、昔はドロドロの真っ赤な溶岩湖だったそうです。
[ブログ版:Hakema‘uma‘u Crater]

SOUTHWEST RIFT

Category: Volcano; Area: ; #74; Updated: Nov 06, 2005

SOUTHWEST RIFT

ジャガーミュージアムを出発して Crater Rim Drive を半時計周りに進みます。 だんだんキラウエア・カルデラの底(?)へと降りて来て、周りは見渡す限りの溶岩帯に。 そのうち道路脇にちょっとした駐車スペースがある場所があります。 何もなさそうなので、通り過ぎてしまう人も多い場所ですが "Southwest Rift"と看板が出てます。 ここは"Southwest Rift Zone"とも呼ばれる場所で、周辺を歩いてみると大地に裂け目(rift)があるのを見つけることができる。 けれど、肝心の裂け目が写真に移ってません。。
[ブログ版:Southwest Rift]

HALEMAUMAU CRATER FROM JAGGAR MUSEUM

Category: Volcano; Area: ; #73; Updated: Nov 03, 2005

HALEMAUMAU CRATER FROM JAGGAR MUSEUM

Crater Rim Drive (クレーター・リム・ドライブ)を半時計回りにさらに進むと Jaggar Museum(ジャガー博物館)があります。 ジャガーは車ではなくて Thomas A. Jaggar さんという博士の名前。 ここでは今でも火山や地震を観察、研究していますが、博物館そのものは1部屋だけでコンビニくらいの小ささ。 外に出ると望遠鏡があったり、解説のプレートがあります。この写真はハレマウマウ・クレーターとその解説。 噴火時の写真が右下に出てます。
[ブログ版:ジャガー博物館からの景色]

KILAUEA CALDERA

Category: Volcano; Area: ; #72; Updated: Nov 02, 2005

KILAUEA CALDERA

蒸気が出ている Steaming Bluff まで行くと、目の前にはキラウエア・カルデラが広がっています。 ここからの景色も圧巻です。ワイピオ渓谷と並ぶハワイ島の絶景スポットじゃないかと思ってます。 どっか他の惑星を見ているような、そんな気分。 中央の凹みはかつて溶岩湖だった Halemaumau Crater(ハレマウマウ・クレーター)で、最後に噴火したのは1982年というから、まだ20年ちょっとしか経っていません。
[ブログ版:キラウエア・カルデラ]

STEAMING BLUFF (WAHINEKAPU)

Category: Volcano; Area: ; #71; Updated: Oct 30, 2005

STEAMING BLUFF (WAHINEKAPU)

ビジターセンターを出発して車で先に進むと、蒸気が吹き上がってる穴があります。 そこが Steam Vents と呼ばれるところで駐車場もあります。 車を止めてキラウエア・カルデラのほうへ少し歩くとあるのが Steaming Bluff というポイント。 vents(穴,孔)だけ見て次に行ってしまう人が多いのですが、この bluff(絶壁)まではほんの1,2分くらい歩くだけです。 もちろん気温が低いときのほうが、蒸気がはっきり見えるので、朝夕がオススメ。 wahinekapu は wahine が woman, lady で、kapu は taboo 。 ここでは女神ペレのことだそうです。
[ブログ版:Steaming Bluff]

TREE MOLDS 2

Category: Volcano; Area: Volcano; #40; Updated: Aug 26, 2005

TREE MOLDS 2

これが肝心の Tree Molds で穴の直径は30センチ程でしょうか。 穴によっても違いますが、それほど大きくありません。 溶岩が流れてくると、木は倒れてしまいますが、包まれた部分は燃えてちょうど木の大きさの穴ができるということらしいのです。 ここにはこんな穴が数カ所ありますが、あまり来る人はいないらしく、いつも静かなようです。

HALEMA‘UMA‘U CRATER

Category: Volcano; Area: ; #76; Updated: Nov 09, 2005

HALEMA‘UMA‘U CRATER

写真で見るよりも実際のほうがやはり大きく見えるハレマウマウ・クレーター。 1924年の噴火でその大きさは、深さ1,340フィート (410メートル)にもなりました。 ジャガーミュージアムからの写真に写ってる噴火時の写真は、1924年のものです。 その後も噴火を重ね、現在は深さ280フィート(85メートル)、直径3,000フィート(915メートル)になりました。 ちょうど真ん中あたりに線が入っているのは、8ヶ月もの噴火が続いた1967~1968年当時の溶岩湖の高さだそうです。 また手前の花は、ここを家としていると言われる火の女神ペレに捧げられたものです。
[ブログ版:Hakema‘uma‘u Crater 2]


» ページトップへ戻る