NPS (National Park Service) が管理するハワイ島の国立公園

NATIONAL PARKS

Volcano Natinal Park

ハワイ火山国立公園

ハワイ島といえばキラウエア火山が有名で、毎年多くの観光局がハワイ火山国立公園(Hawaii Volcanoes National Park)を訪れています。 園内ではかつての火口、流れる溶岩が見れるほか、多くのトレイルがあります。 溶岩は近くで見れるときもあれば、暗くならないと見られないときもあります。 また博物館、ホテル、米軍キャンプなどの施設もあります。 車に乗ったままチケットを買って入れるので、やはりレンタカーで行くのが一番。

National Historical Parks

NPS (National Park Service) 管理の歴史的な公園

カロコホノコハウ国立歴史公園

カロコホノコハウ国立歴史公園(Kaloko-Honokohau National Historical Park)はコナ国際空港とカイルアコナの町の間に位置している。 かつてのフィッシュポンド(養魚池)やペトログリフ(象形文字)を見ることができるが、目立った観光スポットでないため、ガイドブックでもあまり取り上げられない場所である。

Puuhonua o Honaunau National Historical Park

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園(Puuhonua o Honaunau National Historical Park)はホナウナウの町から海岸へずっと降りていった場所にあります。 ちょっとしたトレイルがあり、遺跡や再現された先住民の家などを見ることができます。 海岸にはウミガメがいますが、保護のため4メートル以内に近づくことは禁止されています。

National Historic Site

NPS管轄の歴史的な場所

プウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園

プウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園(Puukohola Heiau National Historic Site)はハワイ王朝の立国に関係する場所と言われています。 HWY19から270へ入って4キロほど行くと左側にあります。 周辺地図 (Google Maps)


» ページトップへ戻る