ハワイ島へのアクセス

Getting to Hawaii

ハワイアン航空、羽田-コナ線を2016年12月21日から運航

ハワイアン航空の羽田=コナ直行便

2016年12月21日から運航開始
ハワイアン航空が、羽田=ハワイ島コナ直行便の就航を決定! 羽田発は2016年12月21日から水・金・日、コナ発は12月20日から火・木・土の週3往復での運航。

JALの成田=コナ直行便が復活!

2017年9月15日からJALの成田=コナ直行便の復活! 成田発・コナ発どちらも直行便で、毎日運航されます。

ホノルル乗り継ぎでコナ空港・ヒロ空港へ

ハワイ島へはハワイの玄関口オアフ島ホノルルで国内線に乗り換えるアクセスが一般的。 ホノルルからハワイ島へは、ハワイアン航空、アイランドエアーの2社が飛んでいる。

離陸から着陸まではあっと言う間で、飛行時間はコナ、ヒロどちらも45分くらいと短い。 離陸すると機内サービスでジュースなどが配られ、すぐに着陸体制になるほど。 日本でチケットを買うなら、国際線とセットで買ったほうがお得になる場合があるので、事前にチェックしておこう。

ハワイアン航空
ハワイアン航空 - Hawaiian Airlines
2005年3月から座席指定に。
2010年に日本語ウェブサイトを開設、日本からクレジットカードでのオンライン予約が可能になった。
URL: http://www.hawaiianairlines.co.jp/
アイランドエアー - Island Air
プロペラ機で運航しているハワイの老舗航空会社。 現在、オアフ島-ハワイ島間は、ホノルル-コナ線のみとなっている。 ホノルル空港ではコミューターターミナルで発着。
URL: http://www.islandair.com/
モクレレ航空 - Mokulele Airlines
以前はgo!と提携してジェット機での運航もしていたが、現在は小さなプロペラ機でのフライトのみとなっている。
URL: http://www.mokuleleairlines.com/
撤退:go! - Mesa Air Group
2007年に新規参入した格安航空会社。現在はモクレレ航空と共同でgo!モクレレのブランドを使用している。小型機で運航しており、ホノルル空港ではコミューターターミナルで発着する。 インターネットでも日本語表記にして予約できる。
※2014年3月末で撤退(参考:go!エアラインが2014年3月末でハワイから撤退、予約分はハワイアンへ振替
Aloha Airlines
撤退:アロハ航空 - Aloha Airlines
自由席なので、席は早い者勝ち。家族やグループで行く場合、並ばないとバラバラになります。
マイレージはユナイテッド航空などと提携。
日本語のウェブサイトで即時予約も可能!
日本語での電話予約可。

ホノルル空港での乗り継ぎ

とりあえず税関を通ったら「左」と思えば大丈夫です。左に「団体専用出口」があるので、団体でなくてもそこから出ます。 出ると右手に階段があるので、登ったら左へ行くとインターアイランド・ターミナルがあります。

乗り継ぎに必要な時間

テロ以降、ホノルルで国際線から国内線(インターアイランド)に乗り換えるのに、3時間ほど余裕を持てと旅行代理店や航空会社はすすめていましたが、現在は従来の2時間が必要となっています。

そのため国際線と国内線を合わせて買おうとすると、強制的に2時間は乗り継ぎ時間を開けて、遅い便をすすめられますが、実際は1時間半もあれば余裕です。ただし連休や年末年始の混雑時は2時間ではギリギリの場合も。

早い便へ変更できる場合も

インターアイランドのターミナルへ行き、カウンターで搭乗手続きをするさいに早い便が空いてないか、聞いてみるのがポイント。 むこうから、すすめてくれる場合もあります。

荷物はどうする?

ホノルル空港での手続きを簡略化するために、日本の出発地でハワイ島まで荷物をチェックインすることがすすめられています(航空会社によってはできない)。 その場合でもホノルル空港で一旦荷物を受けとり、団体用出口の手前にあるトランジットカウンターでまた預ける必要があります。

トランジットカウンターで預けないで、自分でインターアイランド・ターミナルまで運ぶ方法もあります。 この場合は、また荷物をチェックインすることになります。

もちろん機内へ持ち込む荷物なら、チェックインは不要です。

復路:帰りにホノルルで午前便に同日乗り継ぎできる?!

ほとんどの方はホノルルに寄って数日間滞在してから日本に帰国するか、ハワイ島から直行便で帰ると思います。 でも、ハワイ島からそのまま帰りたい!という方は、朝早く起きて頑張ると、なんとか日本まで帰ってこれます。

ホノルル発日本行きの便は午前中が多いので、それに間に合うように、ハワイ島からホノルルに向かわないといけません。 となると、乗り継ぎの時間も考えて、コナかヒロからかなり早朝の便に乗らないといけません。

実体験として、コナからアロハ航空→ユナイテッド航空で同日乗り継ぎで日本に帰ってきたことがあります。 ただ時期的にはJALやデルタ航空の午後の便があったりするので、検討してみてはいかがでしょうか。

Jal

JAL成田-コナ直行便

[注意] 2010年10月で運航中止
JALが成田からコナへの直行便を運航。 料金はちょっと高いけど、ホノルル空港でヒマな時間を過ごさなくていいのでとにかく楽。 帰りはホノルル経由なので、オアフに宿泊を含む滞在をすることもできる。

帰りはホノルルで滞在できる

ハワイに行ったらやっぱりワイキキで買い物もしたい! という方にも直行便は便利。 帰りはホノルル経由なので、降りて滞在することもできる。 これをストップオーバーと言う。

コナ→ホノルルも国際線扱い

帰りにオアフ島で滞在する場合も、ホノルルまでこの直行便に乗ることができます。 ホノルル経由とは言え、コナ空港では国際線扱いなので、2時間前のチェックインが求められています。 国内線の感覚でゆっくり行くと怒られたりします。

ホノルルマラソン前後は運休の可能性あり

毎年12月2週目の日曜日に開催されるホノルルマラソンの直前何日間かは、ホノルル行きに変更されることがあるので注意。 12月2週目は直行便がないかも、と考えていたほうが無難。

他の島から

もちろんマウイのカフルイ空港など、ホノルル以外からハワイ島へアクセスすることも可能。

UA

本土から

ユナイテッド航空のサンフランシスコ→コナなど、何本か本土からの直行便があります。 日本からわざわざ本土経由で行くことはないけど、本土の帰りとかに。
*写真のユナイテッドは旧デザイン。

ホノルル空港の案内図

ホノルル空港の入国から出口までの地図と案内図

cf. ホノルル空港の入国から出口までを地図と案内図で解説
*こちらの地図はハワイアンタウンズの許可を得て掲載しています。無断転載はできません。


» ページトップへ戻る