ツアーの選び方

ハワイ島へ行くハワイ旅行の選び方。
旅程や行先の選び方を解説してています。

ハワイ島だけに行くツアー(全泊)

日本からハワイへ行く場合、オアフ島ホノルル経由でのアクセスが一般的です。連休や年末年始などに一部チャーター便の臨時が出ることもありますが、基本的には日本からホノルルでの乗り継ぎになります。

ハワイ島だけに宿泊するハワイ島全泊の旅程では、インターネットや旅行パンフレットで、ハワイ島に泊まるツアーを探せばよいので簡単です。日程は時差の関係で、出発日と帰国日を含めると、2泊4日、3泊5日など、宿泊数+2日が必要になります。ただし羽田深夜24時過ぎ出発の場合は、出発日が既に翌日となる為、2泊3日、3泊4日などになります。

ハワイ島+オアフ島ホノルルのツアー

ハワイ島だけに宿泊する日本からの旅行者は少なく、ほとんどの方が帰りか行きのどちらかにオアフ島ホノルルにも宿泊しています。このような旅程を、旅行用語ではストップオーバー(途中降機)と呼んでいます。

旅行パンフレットやインターネットでも、ハワイ島+ホノルルのツアーが数多く設定されているので、2つの島に滞在するハワイ旅行もかんたんに手配することができます。

先にハワイ島がおすすめ

どちらの島に先に滞在するかは好みの問題でもありますが、ハワイ島を先にするのがおすすめです。まず帰りの日本行きの直行便は、ホノルルを午前中からお昼すぎの便が多く、夕方の便は羽田行きしかありません。帰りにホノルルで乗り継ぐ場合、ハワイ島を朝早くに出発することになり、すこしいそがしいスケジュールとなってしまいます。

ハワイ島1泊+オアフ島

ハワイ島に1泊するだけのプランの場合、ハワイ島で観光したりビーチへ行く時間は限られます。まず到着日は昼から夕方になる為、チェックインしたりする時間を含めると、あまり出かける時間はありません。宿泊するホテルや同じリゾート内での滞在がメインになります。また到着当日はマウナケア山頂へのツアー参加が難しい為、人気の星空観察などのオプショナルツアーには参加しづらくなります。キラウエア火山への観光ならヒロ側の滞在が便利ですが、ヒロの町に泊まるツアーは多くありません。

ハワイ島2泊+オアフ島

ハワイ島に2泊すると参加できるオプショナルツアーも増え、観光の幅がぐっと広がります。またレンタカーを借りれば、島をぐるっとドライブすることも可能です。また2泊目の午後からマウナケア山頂へのツアーに参加することもできます。

ハワイ島3泊+オアフ島

ハワイ島に3泊すれば、コナコースト、マウナケア、キラウエア火山のあるボルケーノ、ヒロの町など、広大なハワイ島全域に出かけることもできます。広大なハワイ島の魅力を楽しむなら3泊以上がおすすめです。

おすすめ海外ツアー予約サイト

ハワイ島への海外ツアーを扱うおすすめ予約サイトを紹介。
JALで行くならジャルパック、ハワイに強いルックJTBもおすすめです。

JALPAK ジャルパック

日本からハワイへの運行本数が最も多い日本航空(JAL)で行くハワイ島へのツアーがかんたんにオンライン予約できます。

空席の有無がリアルタイムでいつでも確認できるので、検索から予約完了までがとってもスムーズ。混雑しているツアーはキャンセル待ちすることも可能です。

ジャルパックの利点は、やっぱりJALの確実に飛行機を利用すること。機内や現地空港での出発カウンターでも日本語が話せるスタッフによる対応なので、はじめてのハワイ旅行でも安心です。また日本発着の直行便であるため、乗客はほとんど日本人観光客となっています。

ルックJTB

ハワイに強い旅行会社と言えばやっぱりJTBです。現地でのサポート体制もばっちりなので、滞在中も安心して旅行を楽しむことができます。

またハワイ島行きのツアーも充実しており、自分好みの旅程やホテルを見つけることができます。パンフレットのコースNo.からもかんたに検索が可能です。


» ページトップへ戻る